冬場バイク通勤のメリット・デメリット・メリット編

おはようございます!

木林です。本日の出勤時間の気温は1℃です。

よく冬バイク乗っててつらいくない?とかメリットあるの的なことを聞かれますのでブログで紹介させていただきます。

冬場バイクに乗るメリット

  • 意外と快適冬場のツーリング!
  • 冬用バイクウエアを選んだり隙間風対策に色々グッズを探す楽しみがある
  • 冬でもお昼は心地よく走ることができる
  • 意外と冬場の方がバイクの調子が良い!
  • バイクと服装がハマれば冬場スタイルかっこよく見える!
  • 満員電車でウイルス感染予防

冬場バイクに乗るデメリット

  • 早朝凍結の危険性がある
  • バイクウェアやブーツなど着込むのに時間がかかる
  • なんだかんだ着込んでも寒いもんは寒い
  • 不意な雨・雪
  • 旧車の為早朝の始動性問題 (FI車は関係ないです)

メリットのご紹介

意外と快適冬場のツーリング!

冬は冬眠させる方やFI車の場合はそのまま放置などよく聞きますが、
実際に夏や春のるよりも冬の方が意外と心地いいことが多くあります。
まずは走行中のエンジンコンディションが良いこと。
夏のエンジン放熱が全く感じれないほど寒いですがエンジンからすると絶好調なぐらい回りますしライダーもウェア等専用を着込めば夏より楽です。
自分は早朝5時~6時代に毎日走りますが-3度~0度まではきついですが、
1~5度程でしたら夏より100倍断然楽です。
さらに毎日乗るとエンジン始動もいい!
ただ その分走行距離が・・・・消耗品が・・・・・ (笑)

冬用バイクウエアを選んだり隙間風対策に色々グッズを探す楽しみがある

これがデメリットに感じる方も多いかもですが、
自分は好きなほうですのでメリットになりました。
今はヒーター付きのウエアやグローブなどピンキリですが
いいものが沢山売ってますよね。
グローブ1つ買いなおすだけでも素晴らしくコンディションが変わります。
また服と服のつなぎ目部分を補うインナーウェアはホームセンターとかで激安で上質な物に巡り合った時にはかなりテンションあがります!
ですので装備品のレベルを毎年ちょこちょこ買っていくのが自分はとても好きです!

冬でもお昼は心地よく走ることができる

冬でもお昼はウェアを着込んでいる場合は逆に暑いぐらいです。
曇りの日や風の強い日などはお昼でも冷えますが天気の良い日はほんとに良い感じでバイクに乗れます。
ツーリングの方などよくお昼に見かけますよね!
僕は早朝と夜のみ(泣)たまに息子とお昼バイク乗ると・・・なんて温かいこと!!天国を感じれます(笑)

意外と冬場の方がバイクの調子が良い!

上にも書きましたが冬場はエンジンが熱によってオーバーヒートがほぼ発生しない状態です。
なので走行中や渋滞中でも温度計はほぼコールドのまま
しかもスムーズな回転を見せてくれます。
僕のアクロスは氷点下になったほうが謎に調子よく始動してくれます(笑)なぜだ

バイクと服装がハマれば冬場スタイルかっこよく見える!

僕は見た目を気にしない人間なのでしかも早朝と夜間走行のみですからほぼ機能性重視しておりますがプライベートではモタードやカフェ系のバイクにブランド物のフィールドコートなんか着ておしゃれにバイクに乗りたい派です。
夏よりも冬場のほうがバイクファッションに入れ込めれるはずしかもはまるとかっこいいっす!

満員電車でウイルス感染予防

今時期の2月なんかはほぼマスクマスクですが、電車でマスクはめてても手とかいろいろなところ触れてそのまま体に菌が入ることがあります。
冬の時期人が多い場所はなるべく避けて違う手段で通勤しないと新型とかにかかってしまったときには・・・・
では他の通勤手段とは?
タクシー?いや車?いやコスパ優先の最強のボッチ空間のバイクです!!
バイクが一番最強のボッチになれる乗り物なのです!
車のおひとり様状態もいいんですが、コスパが悪い・・・
なので毎日のことならやっぱりバイクっす!
マスクいらず、自分のバイク以外に通勤中振れるものもないというより触れない(笑)

次はデメリットへ続く・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました